« 失業39日目(2004-10-09) | Main | 失業40日目(2004-10-10) »

2004.10.11

クレームいただきました、

(更新)TBのマナーについて/大阪ドームも大阪球場に/大阪ドームの借金を支払う市民です。より。

まずTBした経緯を述べます。
このblogの該当記事に対して、Rock ViolinさんからTBいただきました。
(ここではハンドルネームではなく、blogタイトルで呼ばせていただいております、ご容赦ください)
その記事でCarefree Diaryさんの記事を知りました。
双方の記事を読ませていただいた上で自分の意見をTBで述べた、ということです。
(今回Rock Violinさんには直接関係ないんですが、巻き込んでしまったようで申し訳ないです。
この記事はCarefree DiaryさんへのみTBします。
もしどうなっているのかお気になさっている場合はRock Violinさんでpullしていただけるでしょうから、こちらからはpushしません)

当初、私の記事へのTB元であるRock Violinさんだけにすべきか悩んだのは事実です。
しかしながら、Carefree Diaryさんの記事にも若干言及する以上はTBに含めるのがTBの流儀であると考えています。
私のblogでも以前書いているように、私のところはTBはどこからでも受け付けており、何件かいただいています。
中には私の記事に言及せず、ただblogランキングを上げたいがためにヤタラメッタラTBしてるだけでしょう?と解釈できるものもあります。
それに対する私のポリシーは、特にそのTBを削除することもせず、「放置プレイ」です。
これらの対応は個人ごとに変化することを理解しています。
そして、Carefree Diaryさんが、

正直、挨拶も無しで見知らぬ人にTBをされるのは非常に気分が悪い。

という考えをお持ちであることは、私の記事にTBしていただいたからこそ分かったことです。
(私のblogは今のところコメントでさえanybody OKですが)

以前友人の記事にTBしようとしたときにTB受付なしの設定だったため、失敗しました。
TBされたくないなら受付拒否設定してください。
メールボックスに挨拶の一言を要求することはよりローカルな考え方だと私は解釈しています。
(よって、たった今お考えが理解できた以上、この議論が終了し次第その考えに従いますので、今後先方へのTBは一切しないことになるかと思います)
この記事のトラックバックURLが表記されている以上、するのは勝手と私は解釈しています。
ただ、その後の対応は、個人で異なることは上記述べましたので、今回こうやって対応についての私の意見を記述します。

ネタが面白そうでないblogごときにTBされて迷惑なようでしたらこちらで削除できるCarefree Diaryさんの情報は消しますので意見を表明してください。
こちらは、そちらの要望があればTBのデータは消しますが、自blogの記事は消すつもりありません。
これは、私の考えを述べているblogですから。
第三者が検索しても分からないように伏字にせよ、とおっしゃるならそれは考慮させていただきます。

最後に、折角ですから再度TBいただいた記事に対する私の意見を。
ます、私は、建築に関しては素人です。
Carefree Diaryさんはプロであると拝見しております。
『瑕疵』についてなんですが、大阪ドームを建築?するときに締結される契約で、元となる法律?は建築当時どういう状態だったのでしょうか?
5万人一斉に飛んで周辺に振動が伝達しないこと
に相当するような基準って存在したのでしょうか?
阪神大震災に絡んで地震に対する基準が厳しくなったのは素人ながら理解できるのですが、この場合はちょっと性質が異なると思うのですが。
5万人が一斉に飛んで大阪ドームの壁に亀裂が入る、というのはまずいですが、周辺が揺れるというのは「地震」ではないと言うか…
下の地盤が地震なら当然周辺も揺れるわけで。
それをまさに「震源地」である大阪ドームで吸収する装置を付けなければならない、という法律がその当時から存在したのかがすごく興味があります。

それで、瑕疵が最近住民の苦情で露になりました、と。
その装置を設置するにもお金が要ります。
それなら完全に税金で賄えるように大阪市に売却してしまおう。
ということに憤りを感じてらっしゃる、と想像したのは私の勘違いでしょうか?
もし概ねそうならば、それに対しては当然私もそう思います。
責任取るべきでしょう。
それをしない現状、少なくとも私小市民にもできるアクションを取りたいですねということです。
こうやってblogで書くこともないよりはマシでしょう。

役人に任せずに大阪ドームを再建する方法はあるのでしょうか。
役人が今後大阪ドームに関して使う税金分を回さずに、直接株式などとして大阪ドームを管理する会社を作るとか。
こうした場合税金と違って任意になっちゃうのでそもそもその規模の金額が集まるかどうか分かりませんね。
外資で買ってくれるところはあるでしょうか。

客が入るイベントを環境問題が起こっているのに強行することが最善の策とは私は思いません。

GLAYや矢井田瞳やイーグルスがどこで公演しようとどうでもいい

のは分かってます。
大阪ドーム側でもいいと思っているでしょう。
ただ、興行側との契約で、振動問題が発生した場合の訴訟など大阪ドームでは一切関知しませんとかの条項が付くんでしょう、きっと。(元々付いているならもう完全に開催なんてできないでしょう。「欠陥」建築物であることは周知なんですから)
そうなれば興行側はそんなリスキーな契約結べないですよね。
ただでさえ、イベントなんて非日常な感覚を楽しむことなんですから。
冷静な状況判断ができると思えないです。
「開催中は飛ばないでください」と告知したところで、全員が従うかどうか…
実際、熱心なファンの方々は告知すれば従うと思います。
そして大阪ドームで公演を成功させれば興行側の株も上がりますよ。
ただ、それでもリスキーであることに変わりはない。
彼らはそれこそ問題が起こったら全責任を負う身分ですから。

いずれにせよ、役人どもは責任を取らず、税金だけで賄う体質は多くの方が不満に思っているでしょう。
もしこの意見が実は反対方向に向いているならば、私は荒らしになってしまうのかもしれませんね。

何か勘違いあればご意見をいただければ幸いです。
こうやって意見を交わすことはすごく有益だと思うんですけどね、個人的には。

|

« 失業39日目(2004-10-09) | Main | 失業40日目(2004-10-10) »

Comments

初めまして。KYOZYと申します。もりぷとん(Rock Violin)さんを巻き込んでしまったのは私自身も非常に申し訳なく思っています。TBに対する受け取り方の感覚の相違である事を理解して頂きました。bellowsさん(でよろしいのでしょうか?)に対しても
少し言葉がきつくて不愉快な想いをされたのならお詫びします。
私自身にとっても善意と感じられるTBならどこのブログのTBだろうと残しています。bellowsさんが私の主旨を誤解されているの
だな感じました。誤解を解きたかったのですが『ボク、コンナニアホデスカラ(エヘ)』の一文を見て(これは私の誤解ですが)話の通じない方と思い挨拶が無いTBとで不愉快さを感じたのです。
TBの挨拶が無いのはローカルでしょうか?TBのURLがあるから勝手にしてもいいのでしょうか?個々のブログは個人の領域であると考えています。
TBは他人の領域に置かせてもらう(この取り方が違ってると思いますが。)、または自分の領域に見知らぬ他人が
勝手に置いてくる状態で見知らぬ人ならなおさら初めましての
挨拶はあってもいいのではないでしょうか?
掲示板でも初めて書くときは初めましての挨拶はすると思います。
意見の交換をするならなおさらではないでしょうか?
する側の都合ではなくてされる側の都合に配慮した方が良いのではないでしょうか。
私のHPは荒らしの防止のため楽天ユーザーしか書き込めません。
ならば、メールボックスを欲しいと願うのは強要していることになるのでしょうか。
こちらが勝手にTBしたことはお詫びします。楽天の感覚でこちらに書き込めるとは思っていませんでしたので。

5万人ジャンプの予測ですが、これは出来ません。出来ませんが、
施工中の振動・騒音を考えれば予測はできます。
同じ地盤で伝達するのですから。たとえ、振動の質が違っても。
法律については法令集をだしてこないといけないので勘弁してください。
ただし、建物の完成後に重要な瑕疵が見つかった場合、概ね建築主である大阪市は施工業者に是正を求めることは出来ます。
それをしないのは恐らく負債の返済の件もあるからでしょう。
天下り先でもありますが。
大阪ドームの解決方法はこれからだとは思います。
ただ、管理者が第3セクターから事業をことごとく失敗している大阪市に移り更なる税負担を懸念しているのです。
かなり、長くなり失礼致しました。


Posted by: KYOZY | 2004.10.11 10:16 PM

こんばんは、kazzyaです。
ご意見ありがとうございます。
こちらこそ不愉快な思いをさせてすいませんでした。

最後の一文は、友人、知人に対する照れ隠しの意味以外に意味はありません。
まとまりのない記事なのは自分でも理解しているので。

挨拶についてなのですが、インターネットが身近にある方とそうでない方では若干考え方が異なることは理解します。
私はIT系の仕事をしてきた人間なので、KYOZYさんとは感覚が異なるかもしれません。
なので色々な方がいることを配慮した上で行動しなきゃいけない、という面で私に軽率な面があった、ということだと思います。

TBについては、TB自体が挨拶だと考えます。
別に、TBなしで勝手に自分のblogで他人の記事を論評することは可能です。

相手の掲示板に記入する場合は挨拶の一文を私でも入れます。
自分のblog記事に個人への挨拶を入れることはちょっと違和感を感じます、個人的に。

メールボックスに、という話はメールボックスがどんなものか知りません、メールとして考えますが、いちいち挨拶が来たら、私は大丈夫ですが(笑)、たくさんの方が閲覧されているようなblogでは迷惑なだけ、と考える方もいます。

私は友人、知人だけでなく、「たまたま」blogを見た方でもどんどん意見が欲しいと思ってこのblogを書いています。
挨拶しなきゃ意見書かせない、なんて堅苦しい手順なんて不要です。
一言(もないか)、反論らしきURLだけ貼ったコメントもらったことがありますが、ある意味うれしかったです。
個人情報晒すとか、誹謗・中傷の類でなければいいです。
ただ、やっぱり誹謗・中傷と感じるレベルは個人で異なるんですが。

閉じた環境にしたいならば、そうすればいいですし、手順を要求するならば、だれもが見えるところに明記して欲しいな、というのが正直なところです。
技術的にできないことは全然ないわけですから。

KYOZYさんの記事を拝見したときに、もりぷとんさんのTBがなされているのを確認したうえで、KYOZYさんの記事にも言及するのでTBするのが礼儀、と考えてTBしました。
その後の私の記事へのTBの記事を拝見して、TBのOK/NGの基準が書かれているのを見て、どこをどう見ればそれが事前に分かるのかな、と疑問に思ったのです。

私も今後何かこのblogに制限が出るならば、利用規約なり書きますし、パスワードで保護するならします。
何も書いていない、ということは、完全フリーです。
それが、インターネットの世界だと考えています。

Posted by: kazzya | 2004.10.11 11:49 PM

ご意見ありがとうございました。
TB自体が挨拶だという意見もあるのも分りました。
マナーついても調べてみましたが、サイト名とリンク先を
する側が貼ればよいというのもあるそうですが、それも
絶対でないというのも知りました。
メールボックスですがページ一番下にあります。
確認できにくいと思います。すみません。
芸能人のような公人ならまだしも、一般の個人であるなら
そんな大量なメールも来ないでしょうからTB後にでも気軽に
初めまして、TBしました。これからよろくお願いします。
なんてメールがあればより良い関係が築けるとは思うのですが。
私のHPの名前の通り気軽にご挨拶して書き込んでいただいたら
とは思っており、大したブログでもなく完全な営利目的のHP
でもありませんし、利用規約なんて付けずに人の常識の範囲で
ご挨拶することを求めるのはインターネットの世界では
ダメなのでしょうか?


Posted by: KYOZY | 2004.10.12 12:50 AM

おはようございます。

TBについての見解はまだ定着していると思わないのでこれは各個人の感覚で対処し、訴えていくしかないと思います。
私も定着し、それが今の対応と正反対なら、直さないといけないですし。
(とは書いていますが内容によっては従うかどうか約束はできないですね、正直)

そもそも、TB自体お互い長い関係を築くための仕掛けだとは思っていないのですが、私は。
興味持ちましたよ、という意思表示という解釈です。
ですからもし今回コメントで記入させていただいたとしたならば、当然文頭にご挨拶の一文入れるでしょう。
(「当然」と書きましたが、それはちょっと書いていながら疑問です。何をもって当然なのかが説明できません。私は特に挨拶なくても許容するので…)
でも、相手先のサイト内でコメントをすると、結局そこから話が広がっていかないのがちょっとイヤかな、と。
それにもし荒れてしまった場合、そこが集中砲火を浴びてしまいますが、TBで分散されていればそれは避けられるかなぁ、と。
TB元を辿れば常にその書いた張本人がいることが分かるわけですし。

あくまで記事を書いたきっかけはTB先の記事なんですが、その意見の発信先は元記事を書いた方を含む全世界の人々です。
それをされるのが迷惑であるならば、パスワードつけて閉じた空間でやっていただくか、TB禁止設定にするか、見えるところに一文お入れになればよいかと思います。
そういうことをした上で、それも無視していいのだ、とは今のところ思っていません。
しかしながらそう考える方もおられます。
できるんだからするんだよ、という方が。

むかし、相手先に許可を求めずにリンクを張るのはマナー違反だ、なんて議論もありましたが、いまやそんなこと無視されることが多いと思います。

公人、私人の括りはインターネットで全く意味を持たないと考えます。
挨拶メールが必要あるか、ないかを客観的に判断することが公人、私人で行われるのはおかしいと思います。
私人を装った公人やその逆もいるでしょうし。

前にblogで書いたんですが、個人情報を登録している企業からの誕生日おめでとうメールは私は非常に迷惑しているわけです。
善意を装った迷惑よりは、無礼と考えられる省略のほうがありがたい。

blogは全世界に公開されているわけで、挨拶メールが必要であることをblog内に記述しているのを見つければ、基本的に尊重しています、私は。
よってTBすることはなかったでしょう。
それに今やKYOZYさんのお考えが理解できた以上、そちらの範囲内ではその流儀を尊重させていただきます。

挨拶することをお求めになるのは、全然ダメではありません。
ダメではなくて、自由、任意です。
おそらく慣れの問題になってくるような気はしますが(笑)、いちいちそういうことに拘っていると、お疲れにならないでしょうか?といらぬ心配をしてしまいます。

「人の常識の範囲」というのもちょっと解釈が難しいですね。
変わっていくものですし、今まさに変わっているところですから、インターネットで。

例えば、技術系のメーリングリストなどをお読みになられたことがあるか分かりませんが、題名に「よろしくお願いします」
とか書かないで欲しい、というルールがあったりします。
自分に関することならばメール本文を読むが、こんな題名では何を書いているのか分からないという理由であったり、世界中の方が情報を検索するときにまったく索引として機能しないためといった理由です。

何か自分はろくに挨拶もしないロクデナシ、みたいな書き方になってるんですが(笑)、直接電話で話しするとか、会うときなんかはご挨拶します。
だからインターネットでもそうしなきゃいけないんだよ、とは私のインターネットの経験からは思わないんですよね、TBの場合は。

Posted by: kazzya | 2004.10.12 07:36 AM

こんにちは。
まず、私の書込みでお気を悪くされているなら本当にお詫びします。
こう、お話させて頂いてロクデナシなんて全然思ってもいません。
特に、IT関係の人とはお話したことがないのでこの際聞いちゃえ
ぐらいの勢いでお邪魔しています。
ご迷惑でしたら仰ってください。

サイト内の荒れをTBで分散する。なるほど、そういう方法が
あるのですね。勉強になります。
公人、私人はそうですか、インターネットにさらされている以上
は無意味ですか。
個人的には、偽装とかそいうものにはあったことがない?
(でも、相手の顔が見えないので遭っているかも知れませんが。)
のでそうい括りもあるのではと思っていました。特にブログでは。
人の常識の範囲ですが、私の考えが古いのだと思いますが、
文字情報だけのコミュニケーションだからこそ、その先の人の
事を思い浮かべる思いやり(すみませんうまく表現できません。)
があればなんて思っている訳です。
全ての人が、善人でもないですし全世界を相手にしてる訳ですから
無理な話なのかも知れませんね。
技術系のメーリングリスト、実は入っています。
やり取りは少なく、荒れたこともなかったのですが
「よろしくお願いします」を心よく思ってない方もいるかも
しれません。凄く、参考になります。
インターネットの世界は本当に難しいです。
でも、本当に疲れたら辞めるかもしれません。
凄く取り留めがなかったかもしれません。
これからもよろしくお願いします。


Posted by: KYOZY | 2004.10.12 11:57 AM

こんばんは。

そんな、お詫びいただいて、大変恐縮します。
色んな考え方があるインターネットの世界の中でたまたまぶつかっただけで、どちらが悪いもないと思います。
私は良くも悪くも擦れてしまったんですよ、きっと。

私でよければ喜んでお伺いします。
ただ、この意見もIT関係者が全て思っていることではないです、当然のことながら。

TBが分散になる、というのは、まあ、自分の意見です。
最近では、結構スパムメールならぬスパムTBが問題になってるそうですよ。
技術は進化するわけですから、やがてそれに対する解決策が講じられて、悪用する側はまた色々考えるんでしょう。

最近は著名人がblogしてる時代ですが、先日討論会の時にブッシュ大統領が背中に無線通信機をつけて、しゃべる内容を後ろから伝えられていた、なんて報じられたのと同じように、少なくとも関係者が内容をチェックするでしょうし、「ひょっとすると」ゴーストライターが書いている著名人blogもあるかもしれません。
そんなに疑いまくって、よくないのでしょうけど…

相手のことを思いやる心、すごく尊いことです。
本当に尊敬します。
ただ、そういった方々が何かだまされた、とかでインターネット使わなくなると、インターネットは悪人しか残らなくなります(笑)。
私も「完全に、被害が出るほど」だまされたことはありませんが、罵り合いに巻き込まれたことはあります。
精神的にタフで、辛かったですね。
でも、インターネット使用を辞めてはいません。
仕事であるためでもありますが…

メーリングリストはあくまで主催者、主要メンバーの意向を尊重なされればよいかと思います。
今やメールは必須のビジネスツールですからIT系以外の方でも会社に来たら午前中は何百通というメールのチェックをしてますよ、なんて偉い方でおっしゃる方がいます。
そんな方の中には「挨拶はいいから、要点を述べよ」なんて考えるんでしょうし、検索しにくいのは理解できるので、自分にとって有益な情報を取得するための世界、と割り切ってインターネットを考えるならば、究極的に手順を省くのもありなのかな、なんて思います。

最近は検索なんかで、blogなどで(こう言っては語弊があるんですが)とある話題のしょうもない記事が大量に引っかかるので、検索エンジンの検索対象にblogを含めない、という考えもあるそうです。
どうやってblogであることを区別するの?なんて思ったりするんですが、私よりずっとすごい技術者たちは解決策を提示してくれるんでしょうね。

我々はそれをありがたく、かつ、ド厚かましく使えばいいんですよ!きっと(笑)

Posted by: kazzya | 2004.10.12 06:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference クレームいただきました、:

« 失業39日目(2004-10-09) | Main | 失業40日目(2004-10-10) »