2004.09.27

セリエA第4節インテルvsパルマ感想

2-2のドロー。
今シーズンからチーム数が増えたせいですか、水曜日とかにも試合やってるんですね。
スポーツニュースとかで「え、やってたの?」って感じでした。

後半のはじめをちょっと見逃したのですが、ヴィエリの歯車が狂っているようですね。
アドリアーノが中心になって気分的に乗れてないんでしょうか?
後半出場のマルティンスが2点決めてますます居る場所が…
マルティンスの1点目でしたか、ヴェロン→ファンデルメイデ→マルティンスのパスは芸術的、とは言わないまでもスキです。
ヴェロンとダーヴィッツの中盤は強力ですな。
攻撃陣は強力な割りにディフェンス陣が若干薄い分今日のような試合が多くなりそうな…
あと、今日も出たあのファンデルメイデのパスって何て言うんでしょうか?
自分の左側にあるボールを、左足軸で右足を後ろにクロスしてチップキックっぽく蹴るパス。
サッカー部の連中が練習の合間に遊びでやりそうなテクニック(笑)。
試合でやったらきっと監督から怒られるでしょう…

パルマは何だかんだあってもさすがにやりますね。
フレイがキャプテンマーク付けてましたね。
それくらいフィールドプレイヤーが抜けて若返ったってことですかね。
フレイも出るとか言ってたのに結局残ったんですねぇ。
それにしても、ジラルディーノはうまいですね。
ディフェンスも各プレイヤーの名前はまだよく知りませんが、アドリアーノなんかに対してうまく対処していたように感じました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.23

中田の落日?

中田英、フィオレンティナでは戦力外危機

ジーコからも「無条件の」信頼がなくなり、選手生命最大の危機ですねぇ。
もう今の年俸などの面から言っても「即戦力以外のメリットによる保持」の対象選手ではないだけに、フィオレンティーナの監督も辛いでしょうね。

私の中では彼は常に日本の選手として先頭を走り続けてきたと思うのですが、このような逆境を跳ね返すだけの気力はあるのでしょうか?
それとも、気力では補えないほどの体力の危機があるのでしょうか…

サッカー選手としてもう一花咲かせて欲しいのですが、もしケガの具合がよくない場合、うまく立ち回って欲しいです。
何とも微妙な表現ですが…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.20

セリエA第2節ボローニャvsミラン感想

0-2でミラン勝利。

前半はミランが支配しまくりでしたが何とかボローニャがしのぐ。
後半はややボローニャ押し返す。
中田の代わりに中心選手として入ったザゴラキスいいですね。
うまいです。ファンタジック、ではなく狡猾な感じ。
あとパリューカ最高で、当たりまくり。
ターレも高いし強いし、さすがです。

得点1点目はカカが倒されたPK。
2点目はこぼれ球をカカがボレー。
と字面だけ見るとカカ最高!みたいですが、今日の得点には後半出場のインザーギ兄さんの果たした役割は大きいと思うなぁ。
1本折り返しをダイレクトシュートでポストに当てた悔しがり様、カカのボレーにつながった泥臭いこぼれ球への追い込み。
インザーギ兄さんのファンはさぞ喜んだことでしょう。
私はマンオブザマッチあげたいな。

あと、ちょいネタとしては、セードルフとカカが2009年まで契約したそうです。
セードルフってまだ若いの?カカは分かりますけど。
えぇ、セードルフの活躍は十分理解してますけども…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

セリエA第2節ラツィオvsレッジーナ感想

1-1で引き分け。

レッジーナ勝てそうな試合だったんですが、苦しいなぁどちらのチームも。
ラツィオは主力抜けて「上位チームとしては」戦力的にしんどいし、レッジーナは俊輔がFK強奪されたり(笑)と連携もへったくれもない。
「オレが、オレが」のチームですね。
だから俊輔ももっと主張しないといけないですよ。

S.インザーギのPKはホームだからこその判定でしょう。
私はシミュレーションかな、と思いました。
ボナッツォーリのゴールはビューティフルゴールでした。
シーズンに1本あるかないかかな、あのダイレクトボレーは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.14

セリエA第1節ブレシアvsユベントス感想

再放送で観戦。
0-3でユベントス勝利。

ミランの背番号が金色と書きましたが、ウディネーゼもユベントスも金色だったような。
ユベントスはナイキのロゴ入っていて、他のチームは分かりませんが、
ユーロ2004のときの丸内数字みたいに統一してんのかな?

後半のみ出場のイブラヒモビッチ、すごくよかったですね。
左右両脚で強いシュート打ってましたし、解説によるとヘッドもいいそうですし。
前半得点したトレゼゲとの排他起用になりそうな感じがナンですが(笑)、
カペッロ監督どうします?…ってカペッロ監督かよ、みたいな感じ。

対するブレシア、やっぱりバッジョの抜けた穴は…と言わざるを得ないかなぁ。
一発スクッリがテュラムの背後をとってヘッドがありましたが、
ユベントスが相手とはいえ攻め手がない、というか、どう攻めたいかが分からなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.13

セリエA第1節ローマvsフィオレンティーナ感想

1-0でローマの勝ち。

前半いきなりトッティが引っ張られて退場者が出て、11対10になったにも関わらず、カッサーノがいらついて相手の顔を張ったような形で一発レッド。光るプレーが随所にありながら、相変わらず彼は難しいですね。今後フェラー監督はどう手なずけるんでしょうか?

あと、相方、というか親分トッティ。後半シミュレーションでイエローカードもらいましたが、前半からコロコロ倒れすぎだと思うんですよ。マークがきつくて辛いのは分かるんですが、あれだけ何回も倒れられるとレフェリーの印象よく無いと思いますよ。イエロー出された場面は相手も脚出してたので明らかなシミュレーションな感じでは無かったのに。

その点、カッサーノに代わってFWに入って決勝点Getのモンテッラとか、これまた途中出場のデルベッキオとかスーパーサブとでも言うんでしょうか、すごく貴重な戦力だと本当に思いますね。

後半の左サイドで何度かいい形の突破を見せたローマの選手は誰でしたかね?
えぇ、トッティではもちろんない誰かですが。

対するフィオレンティーナ。内容的にはローマに負けて無かったですよね。結構いい形で攻め続けてましたし。これで中田がトップ下でうまく立ち回れたらかなり行けるんでは?昨シーズンとは結構メンバー入れ替わってるみたいですから、さらにチームが成熟していくでしょうし。

フィオレンティーナにヨルゲンセンもいるのに驚きました…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

セリエA第1節レッジーナvsウディネーゼ感想

F1イタリアGPから流れたので前半は見たり見なかったり。
モンツァに、カカ来てたみたいですね。
バリチェロ優勝してさぞ喜んでることでしょう。

さて本題。
結果0-0のスコアレスドロー。
見る価値の無い試合、と言ってしまいたいほど両チーム成熟していないように感じた。
あと、ピッチも1/3くらい芝が無い。
プロがプレイするピッチか?これは。

前半はレッジーナペース。
ボナッツォーリへの依存度合いが強いな、というのが印象。
ディミケーレは相手チームにいますね(笑)。
俊輔は悪くは感じないが、やっぱり取られてはいけない所で取られてカウンター食らうような「軽い」ところが残っている。彼を見続けている人たちからは成長していると感じると思うのですが、やっぱり監督によっては使いたくないと言う人はいると感じる。

後半、解説を聞いていると、どうもレッジーナの監督がシステムを微調整したいらしく、俊輔に左サイドでプレイするように指示していたらしい。それが原因か分からないが、明らかにウディネーゼペースに。ボナッツォーリも交代し、退場者を出さざるを得ないほどファールでしか相手を止められなくなる。
とどめはロスタイム、ディミケーレがゴール前ドフリーでシュート体勢に入ったところ、なぜか倒れたが、笛は無くタイムアップ。リプレイが無かったので詳細分からなかったが、どうも俊輔が脚をかけたとレフェリーに抗議していたらしい。ホームタウンデシジョンに助けられたか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.12

セリエA第1節ミランvsリボルノ感想

ライブで見たんですが、その後すぐ寝てしまいました。

この試合のミランのユニフォーム、背番号がゴールドでしたね。
開幕記念なのか、今季はずっとそうなのか。
ひょっとして、昨シーズンスクテッド取ったから?

結果は、2-2でドロー。
結果だけ見ると昇格したリボルノ万々歳、ミラン不覚ということですが、
双方勝ち点1ずつ取れてよかったという試合か。
後半43分のリボルノ99番でしたか、あのヘディングはオフサイドではないと思うんですが。
これで勝ち点3は幻に。
ロスタイムが6分もあったのでその後ミランに点が入ったら可哀想すぎると思っていたので、ロスタイム中はリボルノ応援してました(笑)。

試合は序盤から動きがあり、いきなりセードルフの素晴らしいボディバランスによるゴール。
その後すぐ前半7分に、リボルノがうまいループパスが通ろうか、というところでジーダ(カタカナ表記は統一されていないので難しいですね)が相手の脚を引っ掛けてPK&一発レッド。
それでGKは当然控えに交代、さらに誰か退場しないといけないのですが…
トマソン可哀想でしたね。
それと相棒のFW、シェフチェンコも1トップになってしまったのでプレイが難しかったでしょう。
目立った活躍はなかったが、やむなしか。

10対11になったことで、いいハンデになったか…

カカははじめ目立ちませんでしたが、後半のあのセードルフと2人だけで切り裂いてセードルフにアシストしたところなどはため息が出ますね。

そういえばFKのときにセードルフとシェフチェンコが何やら会話していましたが、この時は何語で会話してるんでしょうか?イタリア語?英語?オランダ語?ウクライナ語(あるの?)?

守備陣はスタム加入で豪華ですね。
ネスタベンチですよ、ベンチ。ケガしてるんでしょうか?ケガしてたらベンチ入らないですよね。
奥さんが出産だったらしいクレスポはスタンドで観戦してましたしね。
って…まだクレスポもいるんですね(笑)。

ドロー発進になりましたが、やっぱりミランがスクテッドの筆頭候補なんでしょうかね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

セリエA第1節キエーボvsインテル感想

結果は2-2で引き分け。
メンバーだけ見ると、このメンバーでインテル勝てんか?と言う感じですが、
キエーボも組織的にすごくまとまっていていいチームですね。

ヴィエリが決定的なのを何本外しましたかね?
外しまくったのであのアドリアーノへのアシストがあったのか分かりませんが、
今日のところはお互いが尊重しあってうまくプレイできていたと思います。

それにしてもアドリアーノはえげつない(笑)。
もうキレキレやったなぁ。
ヴィエリへのパスも決定的なのが何本かあったし、決めるところは決めるし。

あと新加入のヴェロンは、前半見ているとプレイが荒いなぁと感じていましたが、
ゼ・マリアとうまく連携できていたので、去年のエネルギーが溜まりまくっていたのでしょう。

攻撃陣はヴィエリ以外は割りとうまくいっていたようですが、
ちょっと守備陣は不安な感じですね。
4バックでしたか、フォーメーションは。
両サイドバックがガンガン上がっていくのでキエーボのいいプレスでカットされると非常にもろかったですね。
キエーボのフランチェスキーニが左サイドからいい形が多かったですね。
ミハイロビッチとマテラッツィでは完全にお任せ、とはいかないでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.09

W杯アジア1次予選インドvs日本戦感想

一応[ホーム]vs[アウェイ]の並びで書く、というルールを自分で設けてみる。
トヨタカップみたいな第3国の場合はどうすればいいのか?
それはその時…

試合結果は0-4で日本が勝ち、オマーンが2点差勝利ということで、総得失点差でも上回ったとか。
次のオマーン戦引き分け以上で決定、負けるとしても何としても1点差で収めないとダメなんですね。
2点差以上で負けて、最終戦が同じ結果(勝ち-勝ち、分け-分け、負け-負け)ならオマーン勝ち抜けになる、と。

試合内容はまあ、アウェイで停電もありながらよかったと思います。

停電の心配が無いもっと早い時間に試合を、なんていう意見は、
インドの生活習慣は知りませんが、あれだけピッチサイドに日本企業の広告が並んでいたら、
視聴率の見込めない平日の昼間に行うわけないですよね。

いつも私は三都主をあまり好意的に見ないのですが、この試合はよかった。
特に1点目のきっかけ、「右足」のシュートに感動した(笑)。
ただ、いつものごとく意識のズレから動きと逆のボールがくるパターンは何度かありましたね。

高原は前半のドフリーヘッド決めて欲しかった…
久保は久保なりに後半入ってからよく見えたので、
このままだとちょっと厳しいのでは?
五輪組も大久保とか入ってくるでしょうし。

ところで、フジテレビ739でベトナムvs韓国をちらっと見たのですが、
前半韓国に退場者出し、先制されながら、よく逆転しましたね。
レフェリーは日本人だったらしいですが、あのエルボーは一発レッドやむなしかなぁ、と。

ということで、週末はセリエA、来週はチャンピオンズリーグとサッカー目白押しですね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)