2004.09.27

失業26日目(2004-09-26)

朝方、フジテレビに楽天の社長が出演の番組を見た。
今回の日本プロ野球新規参入表明について、
「今回は合併による球団減少によって"緊急で"国内のトップリーグに入れてくれるということなので…」
「サッカーは新規参入の場合いきなりトップリーグには入れない」
といった主旨の発言。
なるほど、そういえばそうだ。
ヴィッセル神戸は買収による参入、か。

他に、ライブドアと同じフランチャイズを選択したことについては、
「マーケット的に考えると日本では仙台しかありえない」
「今回新規参入が認められるとしたら、1球団だけと思う」
という主旨の発言が。
おそらく後者の予測がまずあって、どうせその結果なら同じフランチャイズの方がいいんでね?くらいの感覚か?

まあ、いずれにせよ来期からどちらかが参入できることを願います。
と言っても私のプロ野球へのスタンスは特に変わることはないと思いますがね。
こんな程度の変わりようじゃ…
巨人の新オーナーだったと思いますが、放映権料の分配は全く考えてないようなこと言ってましたしね。

その後のTBSのサンデージャポンも見ました。
ネベツネ氏とはただならぬ仲の政治評論家三宅氏はライブドアの堀江氏をボロクソ。
なんか、公式?の場でネクタイしないようなヤツは…といった「近頃の若いヤツは」の小言。
テレビ的にはこういうのおもしろいんでしょうね。
まあ、世代間の感覚のギャップですわな。
私自身はそんなこというオヤジは放っておけばよい、と思いますが、そんなことを言う人がいるのは認識しているので、いざ自分が当事者になった場合はネクタイしない理由付けはいるでしょうね。
今のところ彼から他人をうならせるような理由は聞いたことありませんね。

この後は寝てました…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.25

最近のプロ野球界の雑感

ゲームザルになっている間もリアルな世の中は進んでいくわけで…
「あんまりゲームにハマるなよ」って忠告がプレイ前に出てくるなぁ(笑)。

さっき、近鉄とオリックスの合併球団の初代監督として仰木彬氏に就任を要請しているとニュースが流れました。
まあ、人選としては妥当というか、奇をてらっていない、というか無難ですね。
もう合併は双方納得したわけですから、プロテクト選手とかの決定がどうなるか楽しみですね。

さて、今週のストが回避され、楽天はライブドアに圧力をかけているようですね。

………

もう、楽天(側?)のやってることは「前時代」の感覚のやり方ではないのか?
閉鎖的というか、選り好みする、という意味で。
(「側?」という表現が真実であるならば)

私は、こんなやり方で入ってくる球団を応援できまへん。
事前にこうやって対立抗争を煽っておいて、最終的にどちらかが別の地域で新球団設立して両球団加入、両球団の試合を盛り上げるための壮大なシナリオ、ならOKですが。

今日の朝方でしたか、朝まで生テレビは。
ライブドア、楽天ともサッカーは「運営が現代的すぎて商売として参入に旨みがない」と言っているとか(笑)。
こういうところは一旦敵から味方になったとたんに他の球団と歩調を合わせるように保守的になるんじゃないの?
商売、ってそんなもんなんでしょうが。
ゲームしながら見てたので(笑)、詳細分からんのですが、
「よく見る面々がいつかどこかで聞いたようなネタを各々披露しあって、ハイ、時間が来たので終了」
という感じでしたね。
結局、球界に実権をもつ連中が出てない(誰かオッサンいましたかね?でも実権ないでしょ)番組でどんなこと言おうが…
坂井氏が田原氏に対して「話の腰を折るな」と突っ込んだのは笑いましたけど。
民放のMCとしては最適なんでしょう、きっと。
全員に話を振らなきゃいかんし、突然CMいかなきゃいけませんから(笑)。

一方、経営という意味ではこういう手法は「現代」の感覚のやり方なんでしょうね。
ある業界の2番手企業がとある新市場に進出を発表すると、最大手企業が押さえにかかる、と。
昔の個人商店とかじゃ、そんなことしたら…って感じでしょう。

こうやって考えると、こういった人間としていやらしい面は未来永劫変わらず続けられていくのでしょう。
ま、いいんでねぇ?
あまり深刻に考えず、気楽に生きていきましょうや(笑)。
今無職ですが、これはこれで楽しいですよ!?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.09.19

サイバーエージェントもプロ参入意向

サイバーエージェントもプロ参入意向

blogの文面から無理矢理引っ張り出してきたような記事ですね。
この記事は我々素人も同じニュースソースを得られるわけですから勝負できるわけですよね、しませんけど(笑)。

でもまあ、もう正直IT系企業の日本プロ野球界新規参入ネタはいいですわ。
同じ業界の競合状態にあるわけなので「力を合わせる」状態にはないんでしょうし、「オレも、オレも」状態で見苦しい(笑)。

藤田さんは現状静観のスタンスのようなのでそれは賢明だと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.17

中国プロ野球リーグには日系大手企業が続々とスポンサーシップ!(TB)

前回の、「アジアのプロ野球リーグ」の記事で書いた、

ダイナスティスポーツマーケティング社は、

TBの情報から、J.坂崎マーケティング株式会社さんの関連会社である株式会社ダイナスティスポーツマーケティング社であることが分かりました。
TB先にはかなりの情報があるようで、うれしい限りです。
上記の会社は主にスポーツビジネスをやられているようで、UEFAチャンピオンズリーグのテレビ放映権の取り扱いのご実績もあるとのこと。

あまり存じ上げない状況でコメントしづらいのですが、このあたりの興行にまつわるビジネスはあまり表に出てこない難しい商売でしょうね。中国プロ野球のコンサルティングのポストも大々的に公募とか入札するといった類のものではなく、ただただ、人と人とのつながりだけで決まったりするものでしょうし。

今回Webサイトの情報が得られましたので今後注目させていただくとともに、今流行の?中国株関連でいい材料が拾えたらありがたいのですが(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本プロ野球ストの行方…(第一報)

17時だった期限を2時間延長し、19時までに交渉がまとまらなければストライキ突入とのこと。

昨日、ストを行ったら「ストズレ」している球団側(親会社)からボコボコにされる、という話が某評論家さんから出てましたが、そうなればむしろ「さぁ、面白くなってまいりました」てな具合ですよね。
訴訟されたら選手会はやはり負けるかもしれませんが、そこまで行くと選手会と球団側は袂を分かつわけですから。
そうなればまさに私の希望通りの「新リーグ」構想が始まるわけです。
今までのしがらみが一切ない状態なら参加したい企業はたくさんあるでしょうし、参加チームが少なければアジア各国のプロ野球球団を巻き込んで「アジアリーグ」作ればいいじゃないですか。
そんな段階になれば私はよろこんでなけなしのお金を(笑)、投資でも何でも応援したいと思いますが、「現状維持」を願う大多数のプロ野球ファンは離れていくんですかね?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.14

中井美穂反論コメント…

中井美穂反論コメント…取材拒否報道に公式HPなどで

この件で記事書こうかと思っていたら、
前回このことに書いた件にコメントいただいたようで。

とまあ、そんなことはさておき。

タレント、中井美穂(39)が今月8日、都内百貨店で行われたレストラン街の試食イベントに出席した際、「マスコミがいるなら帰る」「カメラは嫌」などと“取材拒否”発言したなどとする報道に対し、14日までに公式ホームページなどでコメントを発表した。

見に行ったわけですよ、(多分)公式ホームページ。

サービスを一時停止中!

ホスティングサービス使われているようですが、そんなにアクセスが爆発的に増えていると思えない状況で(増えてるとは思いますが、サーバーダウンするような状況じゃないでしょ?)一時停止ですか…
事務所の意図で一時停止したというのが上記画面では感じられないので、ホスティング会社の信用に関わると思うんですがね。正常なサービス提供できないの?と感じかねませんよ。
(私は事務所側がストップかけてるのかな、と取っていますが)

うーん、実際は荒らされたりしてるんですかね。
折角マスコミを挟まずして我々に直接情報発信できる状況にありながら…
印象よくないですよねぇ。

で、探しました、色々。
私は荒らすつもりはないのでURLなど一切入れませんが、
ご本人さんの書き込みらしき記事を発見しました。
そこから私が感じたこと。

「ここの雰囲気が怖い」や「まだしゃべらないといけないですか?」とは報道で伝えられた意図ではないにしろ、実際に発言した。

だ・か・ら。

前回の記事の、

ただ、今回は口を滑らせてOK度合いがかなり低いので、
口滑らせるくらいなら一切無口がいい、と考えるのは当然でしょうね。
多分夫から「何もしゃべるな」と言われているはず。

なんですよ。

「気の利いたこと」言えてないんですよ。
マスコミの神経逆撫でするようなことでしょう、この発言は。
そんなこと言うくらいなら口チャックのほうがいい、ってことです。

ただこれは、その結果悪意のあるような報道されて当然なんだよ、という意見ではないですからね。
なーんか、クソみたいな(失礼)記者ってやっぱりいるでしょう。
明らかに鼻から「こう書く」という意識があって会見の内容を聞き、質問をするヤツが。

古田さんには頑張っていただきたいと思ってますよ。
ただ、また書きますが、私の本当の希望は「できる限り今の体勢を崩す」ことなので、その意味からは選手会の意向ともずれているんですよね。球団側の肩持つつもりは一切ないですけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.11

野村克也氏テレビ出演

先ほどまで放送していたフジテレビ土曜LIVE ワッツ!?ニッポンに野村克也氏が出演していました。
全国放送かな?この番組は。違うと思うんですが。

昨日の交渉で懸案事項として挙げられた項目以外にも、プロ野球選手全員に関わる養老年金の問題についても議論して欲しい、と訴えていました。
何でも、野村氏で養老年金は月に4万円しか支給されていないそうです。
それを受けてプロ野球経営評論家、坂井保之氏は、
国民年金問題と同様に養老年金も財源がなく破綻状態で、一旦解体を検討しているはずと発言。
現在の状況ではその辺の話は二の次の議題でしょうが、今のプロ野球界の構造には直すべきことがたくさんある、ということ。
一歩一歩着実にいい方向に向かうことを望みます。

後一つ、加盟料、参加料が見直される件に絡んだ野村氏の発言で、

条件的に現実的な状況になれば、僕から(シダックス)社長にプッシュしますよ

とのこと。
野村氏が監督の球団であれば戦力は揃っているよりはむしろ歯抜けの状態のほうが活きるタイプの監督さんなので、今のプロ野球界に絶対必要な人材であると思います。
でも、シダックスさんは本社が東京なんですね。
野村氏は普段からフランチャイズの分散を訴えておられると記憶しているので、参加するならどこをフランチャイズにするのでしょうか?
私は四国にお願いしたいんですけどね。理由は前にも書いたとおり今までキャンプでは縁があったが公式戦はほとんどおこなわれないことと、高校野球が盛んな地域なので、地元密着の人材育成がうまく回りそうなためです。
その暁には、四国八十八箇所の札所前にすべてカラオケボックスができることでしょう(笑)。
料金は「お接待」で…

対して、もう一方の新規参加候補、ライブドアさんも昨日の会見で、ライブドアベースボール社?を設立する予定とのこと。
こちらはIT技術を駆使したファン参加型の球団経営が期待できることから、ぜひとも参加していただきたい団体だと私は思います。

この1週間で上記2団体のいずれか、あるいは両方、またそれ以上の団体の参加が「決定」するとは思えませんが、「目処」がつけば前にも書いたように来週のストも回避されるでしょう。

とりあえず私的にもっと改革してもらいたいことはたくさんありますが、今の時点ではこの辺の話題だけに絞った議論が必要でしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ストやらないのお??(TB)

ストやらないのお??

中日ファンで再来週土曜日のチケットもっていらっしゃるということはかなりアツイですね(笑)。
ストがあったとしてもいい方に転がること(どうなるのがいいのか謎ですが)をお祈りします。

来週のほうがストの可能性は高いと思います。
今更オリックス、近鉄の合併取りやめなんてありえないでしょう。

交流試合で球団減の損失はそんなにありません、と球団側は必死に証明するだけですよね。
選手会はシミュレーションせえへんのかいな?会見聞いてたら。
そんなの、あくまでシミュレーションなのでどうにでも結論導けるわけですよ。

上記のような状況だとスト必至かな、と。
再度スト回避の可能性があるならば、球団側でライブドアなりシダックスなり、どこか新規参入球団の目処をつけて、
6対6で来シーズンやります、と提案してきた場合でしょうか。
そうなったら一山超えますが、合併云々以外の懸案事項の検討でまた「あの球団」が一暴れしそうですね(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.09.10

プロ野球スト回避

フジテレビのニュース速報。
11日、12日のストは回避とのこと。
とりあえず現時点で今週の土日だけは回避なのかは不明。

どうせ球団側に丸め込まれただけだと思うのでこれ以上のコメントはなし。

[追記]
NHKの番組内での割り込みでのキャスターのコメントでは、
やはり11日、12日のストはとりあえず回避、というニュアンス。
今後も交渉を続け、決裂すれば来週はスト決行の可能性があるのか。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.09.09

古田選手会会長夫人の中井美穂ピリピリ

古田選手会会長夫人の中井美穂ピリピリ

昨日のオーナー会議の結果、
来シーズンはセ6球団、パ5球団で行われる見込みだそうで。
もう、グズグズ、グダグダですね。
明らかに球団側が主導権握ってる感じ。
この辺はそりゃ大企業の「広告課」対個人事業主?じゃ話にならんでしょう。
私の望み、「今の体制をできるだけ崩して体制組みなおし」は、ほぼ絶望的。

さて、表題のネタ。
うーん、選手会会長婦人としてナーバスになるのは分かります。
が、元々素人さんではなく巨大民放局アナウンサーだったわけでしょ?

「マスコミがいるなら帰る」

はないでしょう(笑)。
(これも本当の発言かも分からないし、
前後のコンテキストの流れがあってのものかもしれませんが)

あえて出て行って何か気の利いたこと言えれば一番かっこいいんですけどね。
ただ、今回は口を滑らせてOK度合いがかなり低いので、
口滑らせるくらいなら一切無口がいい、と考えるのは当然でしょうね。
多分夫から「何もしゃべるな」と言われているはず。

ところで、本来の参加イベントである、
池袋東武レストラン街の新メニュー発表会
ですが、これ、中井美穂さん(芸名扱いになるの?これは)が来て無い場合、
新聞メディアで取り上げられることはほとんどなかったのでは?
せいぜいお昼のワイドショーで1分とかそんなネタかなぁ。

主催者側によれば、新メニューPRのためマスコミを呼んでいることは、中井も仕事を受けた時点で了承していた。

私の想像ですが、主催者側は狙っていたかな、正直。
オーナー会議が昨日行われることは数ヶ月前の単位である程度決まっていましたよね?
それに対して新メニュー発表会のゲストなんて数ヶ月前から交渉しなきゃいけないタレントなんて費用対効果で
考えると現実味がないでしょう。
主催者側はしてやったりかな、と。

| | Comments (1) | TrackBack (0)